30代の転職・中途採用を成功させる!TOP > 30代の転職・中途採用の知識 > 志望動機の上手な書き方は?


29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

思うように転職が出来ないアナタ!

実は、「ある秘訣」を知るだけで、年齢、学歴、キャリアに関係なく、転職、再就職に成功する方法があります。

今までに多くの方が、この方法を試し転職に成功!

その秘訣をコチラで詳しくお伝えしています。



 



志望動機の上手な書き方について


30代中途採用では、志望動機で「チャレンジしてみたい」
このような気持ちだけでは、内定をもらうのは厳しいと思います。


特に中途採用の場合だったら、具体的に志望動機を書く必要があります。

出来れば、これまでの経験を具体的にどのような形で志望の会社に生かすのか?

なるべく細かく書くようにして、アピールしなくてはいけません。


志望動機の上手な書き方は?

志望動機を書くなら、ある程度はその会社の業績や現状を把握しておく
必要があります。

そして、自分ならばどのように貢献していけるかなど、
なるべく熱意ところを書いていくと良いと思います。

もし、前職と同じ業種の場合なら、その経験を踏まえ今後どう仕事に
生かしていきたいのかを書くということです。

また、前職とは関係ない職種なら就職の為にどのような努力を
しているのかを書く事がポイントと言えます。

出来るだけ具体的に、前向きに動いている現在の状況を
アピールするようにしましょう。

前職での実績がない人もいるとは思いますが、今まで努力してきたことを
プラス思考の考え方で書くようにし、志望動機としてアピールすると
良いでしょう。

志望動機を書く場合、基本的には自分自身を客観的に見て書くことが大事です。

もちろん、その書き方次第で印象も全然違ってしまいますので、
自分の弱点や欠点をそのままさらけだすのではなく、プラスに取れるよう、
前向きな姿勢を書くようにすると良いでしょう。


内定が決まっても!

内定が決まり新しい職場で活躍するようになっても、前向きな姿勢というのは
大事ですので、今後もずっと必要になりまのでネガティブな考えはなるべく
改めるようにしましょう。