漫画家になるには!その秘訣を公開中!

漫画家って大変?

漫画家を目指しているけど、途中で挫折してしまう原因の多くは
何かご存知でしょうか?

それは・・・

・絵が上手く描けないことと

・ストーリーが作れないこと


です。

例えば、小説家の場合を考えてみるとストーリーを考えてそれを
上手に文章で表現すれば良いのです。

そして、映画監督はストーリーをより印象づける工夫をし、視聴者に
見せるように俳優や女優さんに演技をしてもらい、背景などの場所や
カメラアングルや撮り方などを考えればいいのです。

しかし、漫画家というのは、その作業を1人でやらなければいけないので
大変な仕事になります。

もちろん、ストーリーを自分で考え、その話をより分かりやすくカット割りや
セリフなど考え、背景や登場人物の表情も自分で描かなければなりませんからね。


漫画家になる為には?

であ、具体的に漫画家になるためにはどうすればいいか?

いくつか方法はあります。

一番確実と言えるのは漫画養成の専門学校などで、

基本的なことを教わることです。

その他には、漫画家さんがアシスタントを募集している事もありますので、
アシスタントとして働き、漫画のテクニックや技術を学んでいくと言う方法も
あります。

または、同人誌などに参加して、お互いに評価し合いながら、実力やファンを
つけていくという方法もあるでしょう。

しかし、漫画家の専門学校を出たから、アシスタントの経験があるからといって
必ず漫画家になれるわけではありません。


プロとしてやっていくには・・・

漫画家のプロとしてやっていくには、雑誌や出版者などで開催している
新人賞などを狙って投稿し、その賞や特別賞などをもらうことが出来ると、
プロとしてデビューするチャンスがあります。


他にも出版社とかに自分の原稿を持ち込んで、認めてもらえばデビューする場合も
あります。

ですので、漫画家になる方法は人それぞれ違います。

チャンスを大きく生かせるかどうかは、あなた次第ということになりますので、
ぜひ頑張ってみてください。

 

初心者のためのマンガ講座


自宅でプロの技術を盗む、「漫画の描き方」41日間プログラム
全くの初心者でも大丈夫!これであなたもスラスラ漫画が描ける!



あしたのジョー」原作者のちばてつや賞をはじめ、
数々のコンテスト入賞実績を持つプロの現役漫画家が、
他人には絶対見せなかった作画方法からストーリーの作り方まで、
上手に漫画を描く方法の全てを公開します。

ちなみに、この講座を実践した方々の声ですが・・・>>

皆さん、漫画の腕を上げていますね!
こちらは、漫画を楽しく上手に描いてみたい方にお勧めです!