漫画家になるには!その秘訣を公開中!TOP > 漫画家の基礎知識 > 漫画を描くための道具

漫画を描くための道具について

漫画を描くための道具ってどんな物が必要なんでしょうか?

もちろん、当然、筆記用具は必要になります。

でも、一言に筆記用具とっても色んなのがあるのですが・・・・


漫画家の道具では!


・鉛筆と消しゴム

漫画家さんが仕事で使っている道具では、先ず下書きをする為の
鉛筆やシャーペンなど消しゴムで消すことが出来るものですね。

描くものによっては太いものや細いものがあり、また、芯の硬さ
なども違いがあるので使い分けるためにいくつか揃えます。


・ペン

一応下書きが終わったら、今度はインクを使うペンが必要になりますよね。

こちらでは、線の太さや細さが大変重要になってきますのでGペンや
スクールペン、丸ペンと物で描いていきます。

ちなみにこれらペンの使い分けはこんな感じ

Gペン=力加減で線の太さや細さが調節できる

スクールペン=一定の細さで線を描く

丸ペン=髪の毛や動作線のような細い線を描く

・インク

インクも当然ですが、必要になりますよね。

インクには、水生や油性がありますが漫画で使う場合では、水生の方が
多いようです。

水生インクの特徴としては、仕上がりの線は薄いのですが、
サラッとしているのが特徴です。

油性の場合でhが、線ははっきりしますが、インクがベトベトしてペン先が
すぐに使えなくなるという欠点があります。

また、原稿を修正するには白インクも当然必要です。

白インクでは、光沢感を出したりする時にも使われます。


・その他

他にも、直線定規や円定規、雲形定規などは必要な道具ですね。

あと、肝心なのは原稿用紙ですよね。
これがなくては漫画を描くことができません。

それに、カラーや質感、背景などで使うドットやグラデーションなどの
スクリーントーンも必要です。

漫画を描くには、このような道具が必要です!

初心者のためのマンガ講座


自宅でプロの技術を盗む、「漫画の描き方」41日間プログラム
全くの初心者でも大丈夫!これであなたもスラスラ漫画が描ける!



あしたのジョー」原作者のちばてつや賞をはじめ、
数々のコンテスト入賞実績を持つプロの現役漫画家が、
他人には絶対見せなかった作画方法からストーリーの作り方まで、
上手に漫画を描く方法の全てを公開します。

ちなみに、この講座を実践した方々の声ですが・・・>>

皆さん、漫画の腕を上げていますね!
こちらは、漫画を楽しく上手に描いてみたい方にお勧めです!