漫画家になるには!その秘訣を公開中!TOP > 漫画を描くコツ > 漫画のペン入れとは?

漫画のペン入れについて

よく、漫画家さんがペン入れの作業に入るとかいいますが、
漫画のペン入れとは鉛筆で描いた下書きをペンで本書き作業のことを指します。


ペン入れ作業で使うもの?

ペン入れ作業で必要な物は以下の通りです。

・丸ペン
・Gペン
・スクールペン
・筆ペン
・ミリペン
・インク
・ホワイト


これらが必要になります。

・丸ペン=特に背景や髪の毛、目などの細かい部分に使用!

・Gペン=Gペンは人物や輪郭など!

・スクールペン=吹き出しや文字に!

・筆ペン=ベタや髪の毛のツヤなど!


このように漫画のペン入れ作業では、多くのペンを使い分けて描いていきます。

また、使用するペンのメーカーによっても、描きやすい、描き難いがあるので、
いくつか購入し自分に合った物を使うといいでしょう。


実際の作業では?

ペン入れの手順として、鉛筆の下書きの上からインクで描きます。

インクが完全に乾いたら消しゴムで下書きを消します。

これが基本的な作業になります。

漫画家さんやアシスタントによっても、ペン入れは人によっても
描き方が違いますが、普通は枠線から引き、吹き出しや文字を書いて
いくのが一般的なようです。

乾いていないインクを触ってはいけませんので、右利きの人は、
右上から書き進めていくようにします。

普通に考えると原稿用紙の左上から描くような感じですね。

(もちろん、左利きの人はその逆です。)


ペン入れで注意することは?

ペン入れ作業で注意することは、

・インクをつけ過ぎない

といったところです。

ペン入れ作業をした事がない人は、どうしてもインクの量を多くつけ過ぎて
原稿の上にポタポタとインクが落ちることがあります。

そうなると書き直しなどやっかいなので注意が必要です。

また、仕上げは下書きを消しゴムで消すのですが、ちゃんとインク乾かして
からにすることです。

他にも下書きを消しゴムで消す時に紙をグシャッとさせないことです。

初心者のためのマンガ講座


自宅でプロの技術を盗む、「漫画の描き方」41日間プログラム
全くの初心者でも大丈夫!これであなたもスラスラ漫画が描ける!



あしたのジョー」原作者のちばてつや賞をはじめ、
数々のコンテスト入賞実績を持つプロの現役漫画家が、
他人には絶対見せなかった作画方法からストーリーの作り方まで、
上手に漫画を描く方法の全てを公開します。

ちなみに、この講座を実践した方々の声ですが・・・>>

皆さん、漫画の腕を上げていますね!
こちらは、漫画を楽しく上手に描いてみたい方にお勧めです!