漫画家になるには!その秘訣を公開中!TOP > 漫画を描くコツ > 漫画の下書きのコツは?

漫画の下書きのコツについて

このページでは、漫画の下書きの描き方のコツをお伝えしますので
参考にしてみてください。


漫画をキレイに描く為には下書きが大事!

漫画の下書きの描き方のコツとしては出来るだけ原稿用紙に背景、枠線、
キャラクターや吹き出しなどを丁寧に描いていくことです。

なぜ、下書きを丁寧に描かないといけないかというと、ペン入れの時に
困り上手に描けなくなってしまうからなんです。

ですので、面倒でも丁寧に一つ一つ細かく丁寧に描くようにします。


コマ割り

下書きの描き方のコツは、まず・・・

・原稿に定規を使ってコマ割から作ること!

1ページに大体6〜8コマを目安に割って、ページを構成していきます。

また、スピード感や時間の流れやなどに変化をつけるために、三角などの
変形ゴマや丸ゴマなども利用します。

そして、読者が読みやすいよう、読者を引き付けるようなコマ割を
考えることが大事です。

コマ割を上手に出来ると読者がスムーズに違和感なく漫画を読めるでしょう。


吹き出し〜キャラ・背景など

コマ割が出来ると次は吹き出しを書く作業です。

コマの大きさに対して吹き出しがバランスよく入るようにするのが
コツになります。


そして次にキャラや背景などを描いていきましょう。


その他、下書きのコツは?

その他にもコツとしては、鉛筆ですね。

出来ればB以上の鉛筆で書くことをお勧めします。

B以上の鉛筆であれば芯も柔らかく、消しゴムでも消しやすいので
最後の仕上げで消す場合も都合がいいのです。

それにB以上であれば鉛筆の滑りも良く、流れるように上手に
描くことができます。

あとは、下書き以前の問題ですが、ストーリーです。

これが、先ずしっかりしていないとダメですよね。

下書きも結構大変な作業ですが、漫画を描く基本ですので
丁寧にしっかりと作業を進めることが大事です。

初心者のためのマンガ講座


自宅でプロの技術を盗む、「漫画の描き方」41日間プログラム
全くの初心者でも大丈夫!これであなたもスラスラ漫画が描ける!



あしたのジョー」原作者のちばてつや賞をはじめ、
数々のコンテスト入賞実績を持つプロの現役漫画家が、
他人には絶対見せなかった作画方法からストーリーの作り方まで、
上手に漫画を描く方法の全てを公開します。

ちなみに、この講座を実践した方々の声ですが・・・>>

皆さん、漫画の腕を上げていますね!
こちらは、漫画を楽しく上手に描いてみたい方にお勧めです!