漫画家になるには!その秘訣を公開中!TOP > 漫画を描くコツ > バースの描き方のコツ!

バースの描き方のコツについて

漫画では、パース(正式にはパースペクティブと言います)と言うのがあります。

このパースとは、遠近法を使った透視図法のことなのですが、パースの描き方が
上手になってくると絵も立体的に見えていろいろと表現できるようになります。

このページでは、そんなパースについてのコツをご紹介しますので参考に
してみてくださいね。


バースの描き方のコツは?

漫画のパースの描き方のコツとしては、パースの種類である

・一点透視方法

・二点透視方法

・三点透視方法


この3つの種類の描き方を上手く使い分けることです。

これら3つのパースを使うことで、背景に書かれる風景や建物などを
より立体的に描くことができます。

漫画でパースを描く時のコツは、目線の高さを決めることです。

目線の高さに水平線を定めて、この目線の高さの水平線に消失点という点を
決めて描いていきます。

元とする目線の高さを意識して水平線を配置させます。

もし、この段階で上手くいっていないと構図が崩れてしまうので
うまくパースを描くことができないので、パースを描く際には
水平線の配置に注意が必要となるでしょう。

水平線と消失点ができたら、消失点に集中線を書き、
線に沿って描いていくと、上手くパースが描けます。

パースのコツとしは、やはり何度も実践して練習するしかありません。

もし、どうしても思うように描けない場合は、練習不足や能力不足ですので
パースが上手く描かれた漫画をお手本にしたりするのがいいでしょう。

また、写真や実際の背景などを見て意識するというが大事です。

パースのコツをつかみ立体的な漫画を描いてみましょう!

初心者のためのマンガ講座


自宅でプロの技術を盗む、「漫画の描き方」41日間プログラム
全くの初心者でも大丈夫!これであなたもスラスラ漫画が描ける!



あしたのジョー」原作者のちばてつや賞をはじめ、
数々のコンテスト入賞実績を持つプロの現役漫画家が、
他人には絶対見せなかった作画方法からストーリーの作り方まで、
上手に漫画を描く方法の全てを公開します。

ちなみに、この講座を実践した方々の声ですが・・・>>

皆さん、漫画の腕を上げていますね!
こちらは、漫画を楽しく上手に描いてみたい方にお勧めです!