敷金返還ガイドライン!トラブルを防ぐには!TOP > 敷金返還の為の知識 > 敷金を全額返してもらう交渉のコツ!

敷金を全額返してもらう交渉のコツについて

アパートなどを退去する時には、敷金がちゃんと返ってくるのかなと
心配になったりしませんか?

もし「敷金は半額お返しします」なんて言われたら、なんで半分なのと
疑問に思うことがあるかもしれませんね。

しかし本来であれば敷金とは全額返ってくるものです。

もちろん、条件はありますが・・・。


敷金は全額返してもらえる?

敷金が全額返ってくるには・・・

・家賃の未納がないこと

・賃貸物件を故意に汚したり、傷つけていないこと


このような状態、条件なら、原則として「全額」が退去する際に貸借人に
返還されます。

ところが、借主に非があり賃貸物件に傷や汚れが付いた場合には、
原状回復に必要な金額が敷金から差し引かれます。

これは、契約した時の内容によっても異なります。

大切なのは、契約書をちゃんと読んで内容を理解しておけばいいのですが、
退去する時にはそうはいきませんよね。

ですので、契約する時にはその内容をきちんと確認しなければいけないのです。

敷金返還交渉の場合には、大家と直接ではなく、管理会社を通して行うことが
多くなるでしょう。

その際も感情的にならず、できるだけ冷静に話し合うことが大切です。

何も知らない無知な状態で交渉するよりも、国土交通省が示した

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」

などに目を通しておけば、全額返還への説得力も増しますよね。

なるべくなら、交渉の会話を確認と証拠を残す為に録音して
おくといいでしょう。

解決するまでに時間が掛かる場合もありますが、
基本的に敷金は全額返還されるべきだと冷静に主張してみください。