敷金返還ガイドライン!トラブルを防ぐには!TOP > 敷金返還の為の知識 > 現状回復義務の解釈は?

現状回復義務の解釈について

原状回復義務という言葉ぐらいは聞いたことがある人は多いでしょう。

契約書には「原状回復義務」に関することが書かれているのですが、
賃貸物件を退去する場合、解釈の違いでよく問題になっています。


原状回復義務とは何か?

原状回復義務とは、契約期間が終了して借主が賃貸物件から退去する時は、
借主が備え付けた物は全て取り除いてから貸主に返す義務のことを言います。

国土交通省の住宅局より出されている原状回復をめぐるガイドラインには、

「賃借人(入居者)の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、
賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような
使用による損耗・毀損を復旧すること」


としっかり明記されています。

つまりこれは、

借主に過失があり汚したり破損した箇所については、
退去時に借人がその修繕費を負担しなければいいけませんよ

と言っているのです。

また、

「経年変化、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃料に含まれるもの」

とも明記されています。

これはどういうことか?

例えば、部屋に日が差せば、当然ですが壁紙も日焼けします。

これは、故意に日焼けさせた訳ではなく、経過年数の劣化になります。

このような場合の修繕に掛かる費用というのは貸主が負担しなければ
なりません。

以上のことから、原状回復義務とは決して、「入居当時の状態に戻す」ことではない
ということなのです。


注意が必要?

原状回復義務というのはあくまでもガイドラインであって
強制できる力はありません。


また、原状回復義務については、契約書で別に定めてある事もあるので、
まずは契約書をよく読むことが大切です。

もし、トラブルが発生した場合は、
交渉する場を設けてみるのがいいでしょう。