敷金返還ガイドライン!トラブルを防ぐには!TOP > 敷金返還の為の知識 > 敷金返還に内容証明を送る場合には?

敷金返還に内容証明を送る場合について

敷金返還の際、貸主が借主の要求する敷金の返還に応じない場合は
どうしたらいいのでしょうか?

こういったケースは少なくないようですので参考にしてみてくださいね。


内容証明を送る

まずは、内容証明を送付して、貸主に敷金の返還を主張します。

もちろん、内容証明を送ったからと言っても、すぐに敷金が返還される
わけではありません。

当然ですが、貸主が受け取りを拒否する場合もあるでしょう。

しかし、内容証明を送付することで相手に対して
「やるべきことはやった」という証拠になり、借主はアクションをおこした
ことになります。

もし、貸主から何かしら返答があるなら、借主・貸主ともに主張する内容も
わかるので交渉やトラブル解決の糸口になるかもしれません。



内容証明をつくるには?

では、どうやって敷金の返還を主張するための内容証明を作ればいいのか?

実は、そんなに難しいものではないのですが、一番確実なのは

行政書士に依頼することです。

もちろん、費用が掛かるというデメリットがあります。

最近では敷金返還に関するトラブルも多く、行政書士のホームページでは
多くの方が内容証明の書き方を解説されています。

中には親切な物があって。文章の雛形を掲載されているページも見かけます。

金額や日付などを修正するだけで簡単に内容証明を送付することができます。

これなら費用をかけずに自分で内容証明を作る事も可能ですね。

おそらく内容証明を自分で作成したなんて方は少ないでしょうから
このようなホームページは大変役に立ちます。

また、内容証明を送付してもどうしても交渉がまとまらない場合や交渉に
応じない場合などは、最悪な場合を想定して小額訴訟も視野に入れて
考えておく必要があります。