敷金返還ガイドライン!トラブルを防ぐには!TOP > 敷金返還の為の知識 > 敷金の立会いの時に注意することは?

敷金の立会いの時に注意することについて

アパートやマンションなどを借りる場合は、必ずと言っていいほど
敷金を支払わなければいけません。

この敷金を巡って、後々トラブルになるケースがあります

トラブルにならない為にも、退去する際の立会い時に注意する
ポイントをいくつかおさえておきましょう。


敷金の立会いの時に注意することは?

始めに、立会いの前に契約書をよく確認します。

その賃貸契約書には・・・

・退去際の物件明け渡し期日までに原状回復をしなくてはいけない

という義務について記載があると思います。

実は、この原状回復義務に対する貸主と借主の間で認識の違いで、
敷金返還トラブルになることがあるのです。

退去時の立会い時に借主本人が入居時の部屋の中の状況などを
把握していればいいのですが、なかなかそうもいきません。

例えば、壁や畳、フローリングなどの日焼けなんかは、
普通の生活を送っていても出来るような損耗になるので
貸主の負担になります。

ですが、犬や猫などが壁に引っかき傷を作った場合、
食べ物・飲み物のシミなど、自己の責任で出来るような傷などは
借りている側の負担になるのでこのような最低限の知識は
あらかじめ知っておくべきです。

また、原状回復義務ですが、100%の状態に戻すと
いっているわけではありません。

ですが、退去時には大家さんや管理会社の人がチェックしますので、
立会いの前には、なるべく綺麗に掃除をしておくほうがイメージも
いいでしょうし、担当者の判断も変わってくると思います。

敷金返還を巡ってトラブルにならない為にも最低限の知識を
身につけておくようにしましょう。