敷金返還ガイドライン!トラブルを防ぐには!TOP > 敷金返還の為の知識 > 修繕費が発生するケースは?

修繕費が発生するケースについて

敷金の目的は?

敷金は、退去する時に原状に戻すための修繕費だと
思われている方がいますが、実際は借主が家賃を滞納したり、
夜逃げをしたなんて場合の時の担保を目的としています。

昔は、借主が壁紙や畳の張替え料金を支払っていたり、
部屋が汚れている場合は、クリーニング代も
支払っていたりした時代もあったようです。

酷い話になると、修繕費として敷金以上の金額を
請求されることも・・・。


ところが、最近では、借主と貸主の立場が徐々に変わってきて、
特に普通に暮らしている場合では、汚した箇所などを
原状回復する義務があるされ、借りた側が修繕費を
必要以上に支払わなくて良いというガイドラインさえあるのです。


修繕費がかかる場合

では、具体的にどんな場合は支払わなくていいのか、
こちらで解説します。

■修繕費が必要ないケース

・自然劣化によるもの

畳や壁紙は日焼けすることがありますが、
これは自然に劣化するので修繕費には含まれません。

また、ある程度クリーニングで落ちそうな物、

例えばタバコのヤニ汚れも修繕費には含まれません。

■修繕費が必要なケース

ではその逆に修繕費が掛かるケースにはどんな物があるのでしょうか?

・借主に責任がある場合

例えば、タバコ灰を落とし畳を焦がした場合なんかが考えられます。

もちろんこのような場合では、修繕費を自己負担しなくてはいけません。


その他

その他には、生活していてタンスやベッドなど、同じ位地に置いているので
へこみや跡が残りますが、これは必要ありません。

しかし、椅子を引きずって床に傷が付いた場合などは、借主に責任が
ありますので、修繕費を負担する必要があります。

判断基準としは、借主に責任があるのか?

それとも、自然に劣化したものなのか?

このように考えるといいでしょう。