敷金返還ガイドライン!トラブルを防ぐには!TOP > 敷金返還の為の知識 > 敷金返還の為の民事訴訟とは?

敷金返還の為の民事訴訟について

敷金返還を求める場合、普通に良い方法というのは双方の話し合いでの解決です。

しかし場合によっては、話がこじれることもあるでしょう。

そんな時には、先ずは、内容証明郵便を送ってみたりしますが、
支払いに応じてくれないケースもあります。

では、そんな最悪のケースでは、どのようにしたらいいのでしょうか?


民事訴訟を考える?

敷金が返還されないなどのトラブルが発生すると話がこじれることがあります。

話し合いで解決しない場合は、民事訴訟のような法的手続きを
取らざるを得なくなってしまうのです。

簡易裁判所で行うことの出来る裁判では・・・

・訴訟額が140万円以下の簡単な手続きで出来る裁判

です。

敷金返還紛争の解決手段としては小額訴訟というのが
民事訴訟の中でも多くしているのです。

通常の訴訟になると、時間やお金が結構か掛かってしまいますが、
小額訴訟なら、一般的な訴訟に比べて比較的早く処理され解決するには
手っ取り早いでしょう。


小額訴訟のメリットなど

小額訴訟の特徴は・・・

・請求金額が60万円以下に限られていること、

・原則として1回の訴訟で判決が下される

・控訴は出来ない


などがあります。

小額訴訟のメリットとしては、法廷で裁判をするのではなく、
個室で裁判官と当事者が話し合い裁判は進行するので、
緊張することはありません。

ただ、1回の訴訟で判決が決まるので、不当であることを
証明するためにも事前に資料を用意しなければいけません。


注意することは?

敷金返還を巡っての小額訴訟では、いくつか注意が必要です。

例えば、敷金として支払ったのではなく、礼金や権利金などと言った名目で
お金を支払っていた場合では、小額訴訟を起こしても返還してもらうことは
出来ません。

また、賃貸の契約が終了していて、部屋を明け渡していない場合は
無効となります。

ポイントとしては・・・

・汚れや傷

・滞納などがなかった


など、自分に非がないかをよく確認するようにしましょう。

小額訴訟は、どうしても納得がいかない場合の最後の手段として
考えるといいでしょう。