敷金返還ガイドライン!トラブルを防ぐには!TOP > 敷金返還の為の知識 > 敷金返還が認められた判例では・・・

敷金返還が認められた判例では・・・

敷金の扱いが不当、返還されない、敷金以上の金額を請求されたなど。

このようなトラブルに巻き込まれないためにもこのページでは、
敷金返還請求の訴訟で判例の一例を紹介します。


ある夫婦のケースでは・・・

敷金12万4000円を支払い木造建築の建物に住む夫婦共働きで、
タバコは一切吸わずに生活を送っていたある夫婦の場合での出来事です。

契約期間が終了したため、明け渡しを行い、不動産会社から
リフォーム代金として、

12万2320円を請求され敷金の12万4000円から差し引いた
1680円が夫婦の手元に戻ってきました。

これを不当に思った夫婦が返金を求めましたが、なぜか、
3万円しか戻ってこなかったので今度は、敷金の全額返金訴訟を起こしました。

不動産会社は何をしたかと言うと、ルームクリーニングの他に、
畳の張替えやクロスの張替え代金まで請求していたのです。

裁判では、その夫婦はタバコも吸っていないこと、
また、公共料金の未払いはなく、普通の生活を過ごした
ことで起こる損耗以上に悪化したという証拠がなかったため、
判決では、不動産会社は敷金の返還をすべきであると判断しました。


敷金返還を巡るトラブルでは、小額訴訟を起こす場合、
大体が上記のような訴訟内容のようです。

退去する際に原状回復させる義務はありますが、

・壁を蹴って、壁に穴を開けてしまった。

・火がついたタバコを畳に落として焦がしてしまった。


このような場合は別ですが、部屋を借りた側は修繕費用を
払う義務などありません。

中には、今回紹介したように不動産会社が修繕が必要と勝手に判断して
修繕費用を請求しトラブルになるケースが多いようです。

ですので、引越しをする場合には注意が必要です。