個人事業主・開業するには?TOP > 個人事業主・知識 > 個人事業主でも消費税は払うの?

個人事業主でも消費税は払うの?

個人事業主の消費税について?

開業届けを出したばかりの個人事業主でしたら、消費税の扱いなどに
疑問を持つこともあるでしょう。

ですが、たとえ利益が出ていなくても、消費税は納めなくてはいけません。

それは、消費税が「預かり金」という性質を持っているからなのです。

当然、個人事業主でももちろん、法人の場合と同じように消費税を
支払う義務があります。

この場合の納税方法と言うのは、確定申告と同じように消費税に
ついても申告をして納税を行います。

その際、中間申告という前もって予定されている一定額を納税する
制度方法が設けられており、その回数は前課税期間に消費税を納税した
金額によって決められています。

例えば、前課税期間の納税額が48万円以下の場合、中間申告は
不要となりますが、

・400万円以下の場合は・・・・1回
・4,800万円以下の場合は ・・3回
・4,800万円を超えると ・・11回


となります。

そして、毎月中間申告にて消費税を納税しけくてはなりません。

ですが、基準期間の課税売上高が1,000万円を超えていない
場合には免税事業者となりますので消費税の納税は免除されます。

もちろん、これは、個人事業主だけに限らず法人も同じです。

また、納税する消費税額を計算するための「基準期間」とは、
前課税期間の2事業年度前を指すことになっていますので、
2事業年度前の売り上げが存在していない、開業したばかりの場合には
消費税を納税する必要はありません。

ただし、資本金が1,000万円以上の場合では、
初年度から消費税を納税する義務がありますので該当するようであれば
注意が必要になります。