個人事業主・開業するには?TOP > 個人事業主・知識 > 個人事業主が節税するには?

個人事業主が節税するには?について

節税するには?

個人事業主の人は、当然ですが、自分自身で確定申告をする必要がありますね。

個人事業主におすすめの申告方法は、青色申告で申告する方法になります。

個人事業主の確定申告には、白色申告と青色申告の2種類ありますが、
少しでも節税をしたいなんて場合は青色申告で申告しましょう。

青色申告は課税所得から65万円控除されるので、支払うべき税金が
少なくなってきます。

他にも、特別控除や専従者給与の控除などの色々なメリットもあります。

ただ、記帳には専門知識が必要となりますので、税理士に相談するなり、
あるいは、勉強するようにしましょう。

最近では、数値を入力するだけの簡単なパソコンソフトも販売されているので、
そういったソフトを利用するのも良いでしょう。

また、領収書は漏らさず、伝票に書いてきます。

細かい金額でも見過ごさないことが節税には大切になります。

もし、アルバイトなどで人に仕事を依頼している場合には、
アルバイトとして直接雇うよりも、外注として仕事を依頼する方が
消費税の額を削減できます。

他にも、小規模企業共済に加入する事もおすすめですね。

小規模企業共済とは、退職金制度のない個人事業主が退職金を積み立てが
できる制度なのですが、小規模企業共済の掛け金は全て所得控除されるので
税金がかかりません。

最大で7万円を掛けることができるため、年間にすると84万円の所得控除が
受けられ、また、退職金の準備をすることも出来ます。

納税は国民の義務になるので、税金を納めず脱税する行為は違法になりますが、
節税することは大いに結構です。

法律に反しない範囲で、しっかりと節約を行いましょう。