個人事業主・開業するには?TOP > 個人事業主・知識 > 個人事業で認められる経費は?

個人事業で認められる経費は?

個人事業で認められる経費には・・・

個人事業主になると、事業にかかわる出費の全てを経費として
計上することができます。

例えば・・・

・取材に行った時などの電車・バス・タクシーなどの交通費

・文具などの消耗品

・プロバイダー料金やNTT使用料などの通信費

・租税公課

・広告宣伝費

・接待交際費

・修繕費

・外注費


これらは経費として計上することができるのです。

備品などの購入は、10万円以下のものは経費で落とすことができまるのですが、
10万円を越えてしまうと固定資産に計上されます。

交際費においては、税務調査の時に事業との関連性がよく問題になるので、
内容を詳しく説明できなければいけません。

もちろん、仕事に全く関係のない人との食事などは、当然、経費としては
認められませんから注意してください。

個人事業主の場合では、どこまでが事業用なのか?

どこからが個人用の経費であるかがはっきり区別できないと、
経費と認められないものもあります。

例えば、自宅を事業所としている場合は、住宅費や光熱費などは一定の
条件下で経費になります。

住宅費の場合は仕事用のスペースとプライベート用のスペースの面積の
比率を出して計算します。

また、光熱費の場合は仕事で使用している時間とプライベートで使用している
時間の時間比の割合で計算して経費計上します。

売り上げがたくさん上がっても経費がたくさん掛かっていれば、
儲かっていないという事になりますので、支払う所得税を減らすことができます。

お金の流れを把握するためにも、お金を支払う時には、領収書をもらうクセを
つけるようにしておきましょう。

経費は節税と一番関係が深いですから、微々たる経費でもしっかりと
計上してことが大切です。

また、申告においては、事業用の経費とプライベート用の経費をしっかりと
区別できるようにしておくことが肝心です。

個人事業主の人は、個人の通帳とは別に事業用の通帳を分けて管理すると
いいでしょう。