個人事業主・開業するには?TOP > 個人事業主・知識 > 記帳は自分でやる?記帳代行を頼む?

記帳は自分でやる?記帳代行を頼む?について

記帳はどうするのか?

個人事業主の場合は、あまり複雑な取引が多くないようなら、ある程度は
自分でお金の出し入れや売り上げなどの帳簿を記録するといいでしょう。

記帳の方法では、複式簿記と簡易簿記がありますが、青色申告の所得税の
控除65万円を受けたい場合には複式簿記を選びます。

ところが、青色申告の複式簿記は専門知識がないと、処理の仕方が
分からないことがよくあります。

毎年、全事業に税務調査が入っているわけではないので、自己流の記帳だと、
長い期間にわたって間違った記帳をしてしまうこともあるかもしれませんね。

その場合、いざ税務調査が入ったときに追徴課税される場合もありますので、
注意が必要になります。

ですので、自分で記帳する場合は、最低でも簿記検定3級程度の知識が
あった方がいいでしょう。

また、最近の会計ソフトは優秀なものが多いので、初心者でも数値を
入力するだけでOKなものもありますので、そのようなソフトを
利用するのも良いかもしれません。

伝票を書いたり、帳簿をつけるというのは、直接、売り上げには繋がりませんし、
手間だってかかるでしょう。

従業員を雇っていない個人事業主にとって、記帳作業の負担は大きいと
言えますね。

また、経理事務を雇ったり、会計事務所に依頼するよりも、ずっと低価格で
依頼することのできる記帳代行のサービスなんていうのもあります。

記帳代行サービスでは、領収書や通帳のコピーを預けることで貸借対照表や
損益計算書、試算表を作成してくれます。

日常の帳簿記帳や領収書の整理を全て引き受けてくれるサービスになります。

記帳代行は低価格からのものが多く、コストダウンになりますので、
記帳作業を負担に思うなら利用しても良いかもしれませんね。